上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
175 :えっちな18禁さん 2013/03/05(火) 22:44:48.78 ID:596MEB0T0
6~7年前に姉と大冒険した話を書こうと思う。
途中で天災に関して書くところがあると思うんだけど、
ちょっと不謹慎かもしれないけど大目に見てやってください。


177 :軍曹 2013/03/05(火) 23:56:23.81 ID:596MEB0T0
俺、雪国の片田舎で生まれ育ったんだけど、自宅の裏に、灯油タンクってあるのね。
寒い地方だからほぼどこの御家庭にもあったとは思うんだけど、うちの場合、
オヤジの仕事の関係もあって通常よりデカめのサイズのがいくつか設置されてた。
それが、ちょうど風呂場の裏手に面したとこにあってさ、ファンヒーターの灯油を足しに
行ったりすると、ちょうど姉が風呂入ってたりすることがあったんだ。

当時、俺は中学生で、姉は2~3つ上ってことにしておく。
その頃には姉と一緒にお風呂入ったりすることはもうなくなってて、最後に姉の裸を見た
のは胸が膨らみかけで、陰毛ちょっと生えかけ?みたいな時期。
そんな記憶はあるものの、実の姉だし、エロ目線で見ることなど皆無だったのだけど。
でも、多感な年頃ってのもあって、風呂の窓越しに映る姉のシルエットを初めて目撃したときは
超ドキドキしたのを覚えている。


178 :軍曹 2013/03/05(火) 23:57:36.38 ID:596MEB0T0
ちょこっと前述したけど、オヤジの仕事の関係で、うちは大量に灯油を使う。
季節を問わず、1年中使いっぱなしだったんだ。
んで、あるとき、オヤジに頼まれて灯油を汲みに行ったんだよ、夏場だというのに。
あたりは薄暗かったので、確か夕方頃だったと思うんだけど、姉が風呂入ってた。

田舎って、玄関の鍵を締めないとか、そんな平和なエピソードもあるくらいだけど、
我が家も例に漏れず、風呂場の窓がちょっと開いた網戸状態で平気で風呂入ってやんの。
俺が灯油汲むのはたいてい冬場だったから、さすがに窓は閉じてたんだけど、夏場に来たらこの有様。
「うわー超無用心~。」なんて思ったけど、よくよく考えたら俺も窓開いてるのなんか気にせずに
毎日風呂に入ってたかもしれない。
うちの場合、風呂場の裏手は通りに面してなかったし、誰かがそこに居るなんて、誰も想像すら
してなかったのだと思う。


179 :軍曹 2013/03/06(水) 00:05:26.34 ID:fPXzYq+r0
姉がシャワーを使う音とか、洗面器がカコンッなんて鳴る音とか、そんなのが丸聞こえ状態。
俺は特にいやらしい気持ちもなく無意識に風呂を覗いてしまった。
躊躇とか迷いとか、そんな感情は一切なく、何気ないすごく自然な行動だった気がする。
そしたら、突然、姉のおっぱいが俺の目に飛び込んできた。
漫画みたいに鼻血ブーって出るかと思った。そのくらい衝撃的だった。
母ちゃんorエロ本。それ以外で初めて見る大人の女性のおっぱいでした…。
姉の体がそんなことになっているなんて想像すらしてなかった俺はいきなり勃起しちゃって。

ヤッベーって思ってすぐさましゃがみこんで、隠れるようにして残りの灯油を汲んで、すぐにその場を立ち去った。
ほんの一瞬だったけど、俺の雄としての本能を呼び覚ますには十分な光景だった。
俺はその晩、初めて姉をオカズにして、オナニーした。
エロ本とか、そういうネタなしに、単なる想像だけでオナニーするのもそれが初めてだったかもしれない。
精液の量と終わったあとの虚無感がハンパなかった。


180 :軍曹 2013/03/06(水) 00:09:00.56 ID:fPXzYq+r0
その晩はなかなか寝付けなかった。
目を閉じると脳裏に浮かんでくる姉おっぱい。
でも、実の姉でオナニーしてしまった自分が汚らわしく思えて苦しんだ。
そして「覗いた」という行為は、幼かった俺にはとてつもない犯罪行為であるかのように思えて
その罪悪感と、自分は卑怯者だという後悔の念に駆られた。

しかしながら次の日も、そのまた次の日も、姉をオカズにしてオナニーした。
気付いてみれば、毎日のように姉で抜きまくってる俺がいた。

その行為が当然のようになってくると、あんなに苦しんでいた罪悪感も次第に薄れてきて、
もう一度姉のおっぱいを直接この目で見たいという気持ちが芽生えてくる。
やがて「覗き」という行為に対しての負のイメージも、スリルや興奮を伴うワクワク感へと変貌を遂げたんだ。


181 :軍曹 2013/03/06(水) 00:11:27.63 ID:fPXzYq+r0
俺の記憶には鮮明に「おっぱい」だけは残っていたのだが、それ以外の部分がボンヤリしていて、
1週間もするとそれは「単なるおっぱい」になってしまい、「姉のおっぱい」ではなくなってた。

相変わらずその記憶を頼りにオナニーには励むものの、射精後の虚無感は日を追うごとに増すばかり。
たった数秒の快感と引き換えにこれではちょっと割に合わない、と、中学生の俺なりにその原因を探った。
導き出した結論はこうだ。

俺は「単なるおっぱい」ではなく「姉のおっぱい」に興奮しているらしい、ということ。

おっぱいはおっぱいでも、何かが違う。
俺の知らない間に「姉が完全に大人の女性の体になっていた」ということ。
そしてそれを「覗き見た」ということが、なぜかしら「姉のおっぱい」の価値を高めてしまっていた。


183 :軍曹 2013/03/06(水) 00:15:55.16 ID:fPXzYq+r0
さすがに悩んだ。
初めて姉をオカズにオナニーしたときの後悔とは、また違った種類の感情。
今考えると、これはいわゆる背徳感というやつなのかもしれなかった。
当時の俺は、シンプルに「実姉のおっぱいで興奮しちゃう俺は変態なのか?」って考えてたけど。

近親相姦とか難しい言葉は知らなかったと思うし、世間でタブー視されるような感情が、
まさか俺の心の内に芽生えるとは思いもしなかったもので、何の心の準備もできてない。

まして思春期真っ盛りの中学生だったもので、思考回路が変な方向で前向きに傾いていってしまった。

俺は入浴中の姉をもう一度覗くことに決めた。


184 :軍曹 2013/03/06(水) 00:20:06.85 ID:fPXzYq+r0
一応、中学生なりに考えたんだ。
「俺は本当に変態なのかもしれない。変態なのはイヤだ。それに実姉でオナニーっていう行為も絶対に
 異常に決まっている。こんなこと続けていては絶対にダメだ。どうしたらいいんだ俺は。
 あ、そうだ、もう一度覗いてみよう。もしかしたら全然興奮しないかもしれないし、もしそうなら姉を
 オカズにオナニーするのもすぐにやめられるかも!そうだ、もう一度覗いてみるしかない!
 そして俺は、自分が変態じゃないと証明してみせる!絶対に証明してみせるぞ、うぉおおおおお!」
ってのが、自分を無理矢理納得させるための理由。

本当は、「単なるおっぱい」を「姉のおっぱい」として、もう一度目に焼き付けるというのがメインの任務。
それにはやはり、一瞬のチラ見なんかではダメだ。
全裸の姉の全体像を把握できるような、数秒~数十秒単位でのガン見が必要だと考えた。
しかも、たった1日で敵の戦闘力を把握するのは無理かもしれない。
俺の中の作戦司令本部は、長期戦を視野に入れて、数日間、いや数週間に渡っての監視任務が必要だと判断した。


185 :軍曹 2013/03/06(水) 00:21:38.86 ID:fPXzYq+r0
当時の俺は、自分を軍曹って呼んでたね。
中2病にエロがハマっちゃって、もうとことんカオス状態。
授業そっちのけで作戦会議ばかりやってた。
必死だった。
記憶の中のおっぱいが姉の体のパーツであることを再認識したかったし、その上でオナニーしたかった。
もちろんオナニーは任務の発動とともに禁止。作戦終了ののちに解禁すべきだと決断。

その日を気持ちよく迎えるには、「おっぱい」は「姉のおっぱい」でなくてはいけないし、
想像するのは「画像イメージ」ではなく「動画イメージ」じゃなくてはならなかった。

全裸の姉の全体像を把握する、って任務は、単に、姉が裸で動いているところが見たい、ってだけ。
ただそれだけなのに、すげー大袈裟に考えてたな、って今は思うよ。

でも楽しかった。揺れるおっぱい見れるかも♫なんて超ワクワクしてた。


186 :軍曹 2013/03/06(水) 00:32:45.26 ID:fPXzYq+r0
エロ本じゃ満足できなくなってエロDVDに興味津々。
当たり前の中学生なら、そういう風にシフトしていくところを、軍曹は何か間違っちゃったな。
ま、いい。続きを書くとする。

あ、それから俺は>>175です。よろですw

作戦行動開始。
まず手始めに、俺は夕食の時間、家族全員が揃ってるところで、オヤジと腕相撲をした。
勝敗はどうでもよかった。
とりあえず、俺がなかなか力強く成長してきていると皆にアピールする必要性があった。


187 :軍曹 2013/03/06(水) 00:40:10.22 ID:fPXzYq+r0
「今度から、灯油を汲みに行く仕事は俺が担当してやんよ」

このセリフを違和感なく言うための布石だった。

「おお助かる」「お小遣い欲しいのか」
両親はそんなことを言ってた気がする。
「小遣いなんか要らねーよ」
俺はクールにそう言い返してやったぜ。
作戦の第一段階である洗脳任務はこれにて完了。
これで俺が風呂場の裏手に居たとしても不思議に思われることはなくなったはず。

作戦のターゲットである姉に至っては
「軍曹偉いな、もう少し寒くなったらお姉ちゃんの部屋のストーブもよろー」
とか言ってる始末。
「しかたねぇなぁ」
とか言い返した俺は、姉の目をまともに見ることはできなかったけど、勃起してたと思う。


189 :軍曹 2013/03/06(水) 00:51:05.09 ID:fPXzYq+r0
作戦は第二段階の任務遂行現場の下見とか、第三段階の姉の帰宅時間および入浴時間帯の把握とか、
色々あったんだけど、省略。バカすぎて欝になってきた(ノД`)

姉のセリフから想像して欲しいんだけど、季節は秋。
冒頭で書いてるけど、さすがに冬場は浴室の窓は閉じるんだ。
日中は換気のためか窓全開なんだけど、入浴時は閉じられる。
たぶん1番最初に入浴するオヤジがそうしてたんだと思う、さすがに寒いから。

だから俺にはもう時間がなかったし、オナ禁だってそうそう続くわけがなかった。
このままじゃ夢精するかもしれないと思い始めた週末の夕方、いよいよ任務は最終段階を迎える。


191 :軍曹 2013/03/06(水) 01:59:13.12 ID:fPXzYq+r0
その日の姉はイチハチマルマル時に帰宅。
いや普通に書くけど、夕方18時ね。帰り道で俺と会って、途中から一緒に歩いて帰ってきた。
お互い帰宅時間はバラバラだったので、姉と帰宅時に会うなんてことは滅多にあることじゃない。
そう言う意味で、その日は巡り合わせを感じ、予感めいた何かがあった。

帰宅して真っ先に浴室方面に向かう姉。
あーーーーーーーーーと思い、俺も灯油を汲みに行こうと緊急スクランブル。

そんな俺たちを制する者が現れた。
「お姉ちゃんお風呂?ゴハン食べてからにしなさい、せっかくみんな揃ったんだから」
テーブルの上に夕飯並べながら、給仕担当の伍長(母)がさらに続ける。
「みんなで食べるの久しぶりだね」
そのセリフにつられるように、湯上りで晩酌中の二等兵(父)が浴室の状況を報告。
「お父さん追い焚きしたまま出てきちゃって、ちょっと熱くなってるから、ゴハン食べて入るくらいでちょうど良いかもだな」


192 :軍曹 2013/03/06(水) 02:00:16.48 ID:fPXzYq+r0
それは伍長と二等兵の大手柄であった。
これで姉の入浴時間はだいぶ絞られてくるし、姉は入浴直前にいったん湯温を確認しに行くだろう。
俺はその行動さえ見逃さなければ、その後5~10分後に始まるでろう姉の入浴タイムを確実に捕捉できると考えた。
その日の軍曹は、部下2名の見事な後方支援も受け、絶対に任務失敗は許されないと気合十分だった。

実際のところ、姉の入浴時間は毎日バラバラで、把握しきれてなかった。
姉は勉強でもしてるのか夜更しだったし、俺が寝てから入浴してることのほうが多かったのかもしれない。
それか朝シャン(死語?)ってやつか。

早めの入浴のときは、俺が部活終えて帰って来る頃には、もう既に入浴済みとか。
俺が帰宅して、もう姉の髪の毛が濡れてたりしたときの俺のガッカリ感ったら、言葉ではとても言い尽くせないものだった。


193 :軍曹 2013/03/06(水) 02:01:22.11 ID:fPXzYq+r0
朝の明るい時間に覗くわけにはいかないし、まして深夜に灯油汲みに行くのも不審極まりない。
両親の仕事のお手伝いで灯油を汲む係なのが俺、っていうのが大前提だったので、わざわざ深夜に
灯油を汲みに行くってのも変だったろうから、極力怪しい行動は取らないようにしてた。
まぁ深夜は真っ暗闇で、周りも寝静まっているなかでの任務なので、逆に言えばチャンスなのかもしれなかった。
でもそれだと、モロに覗き趣味の変態丸出しだったので、「変態じゃないことを証明する」って建前に矛盾が生じる。
変態なのに変態じゃないことを証明するのは、なかなか難しい。

それに俺はなんだかんだで中学生。22時には眠くなってしまい就寝してましたw

だからこそ、その日は失敗は許されなかったのである。


209 :軍曹 2013/03/07(木) 23:15:03.07 ID:SBVNnD120
軍隊口調…?まったく無意識に書いてるからすいません。

では続きを。

家族揃っての夕飯を終え、茶の間でしばらく談笑。
会話も途切れたところで、姉が立ち上がり、オヤジが念を押すように「お風呂熱いからね」的な声を掛ける。
姉も「はーい」と素直に返事をして、浴室方面へ。

この瞬間、俺の心臓は高鳴り始め、緊張感と高揚感が襲ってきた。
「今日、灯油は汲んだの?」
「いや、最近は軍曹がやってくれてると思って、お父さんは確認すらしてないぞ。」
「そっか、んじゃ足りないようなら入れとくよ。」
何気ない会話ではあったが、オヤジの返事が「もう灯油は満タンにしておいた」であったとしても、
それに対応できるようなネタは仕込んでおいた。


210 :軍曹 2013/03/07(木) 23:23:56.58 ID:SBVNnD120
俺はここ数日間のあいだ「朝晩は冷えるね、もうストーブ出してもいい頃だね」と言いまくっておいた。
それに呼応するかのように母親が「洗濯物が乾かない」と言い始め、それに伴いファンヒーターを登場させた。
たとえオヤジの仕事場の灯油を汲む必要はなくても、俺の部屋の暖房器具の灯油がないということにしてしまえば
俺はいつだって浴室の裏手へ出撃可能なのだ。

実際のところ、俺は「灯油を汲む」という理由なしに、入浴中の姉のそばまで2~3回ほど接近を試みていた。
ただ俺には本当に覗く勇気が備わっていなくて、浴室の裏手でウロウロして終わったのが1~2回。
3回目は意を決して覗きに行ったものの、俺が現場に到着するやいなや、姉の入浴タイム終了となり失敗。

そんな俺には、「俺は灯油を汲みに来ただけ」っていう理由が必要だったんだ。
姉の入浴中に、その浴室の裏手に俺が居合わせる明確な理由があるならば、俺はきっと覗くだろうって確信してた。


213 :軍曹 2013/03/07(木) 23:50:14.35 ID:SBVNnD120
女性の入浴時間は長い。
うちの姉もそうだった。短くて40分、長けりゃ1時間以上。
この日の俺は、確実に姉の入浴スタートから浴室の傍に潜むことができるはずなので、
覗くチャンスは最大60分以上もあるはずだった。
俺はその、入浴開始時点から現場に身を潜めることができる、ってことにものすごく興奮していたのをハッキリと覚えている。

夕飯も食べ終えているし、この先の時間帯は両親が俺に干渉してくることもないと思われた。
よって俺が自分の部屋に居ない、まして家の中のどこにも居ない、ってことを気付かれる可能性も低い。
まさに今夜が作戦の最大の山場であることは疑いようがなかった。


214 :軍曹 2013/03/07(木) 23:51:51.38 ID:SBVNnD120
姉が浴室から出てきた。
階段を昇っていき、自分の部屋へ。
これからおそらく準備を整え、パジャマ等の着替えを持って降りてくるはず。
時間にしておよそ5~10分後だろう。

俺も自分の部屋へと戻り、まだ半分くらい残っている灯油タンクを抱えて、
その姿を両親にワザとらしく見せつけ、裏口からオヤジの仕事場方面へと向かった。
そして足音を忍ばせ、浴室裏手へと向きを変え、予め決めておいた場所へと身を潜めた。

そこは一見、誰も居ないように見えて、万が一発見されたとしても、灯油汲んでますよ?的な位置取り。
訓練に訓練を重ねて、ようやく見つけた俺の安らぎのスペースであった。


215 :軍曹 2013/03/07(木) 23:58:09.73 ID:SBVNnD120
時刻はおそらく20時を回った頃だろうか。
暗闇の中、虫の鳴き声に混じって、何かが聞こえる。
それが自分の鼻息だってことに気付いて、慌てて呼吸を整えた。

浴室の明かりは点いているものの、人の気配はまだない。
そう思った矢先、浴室へと繋がる洗面所の扉を開閉する音が聞こえた。
そのあとすぐに浴室の扉がガチャっと開き、姉が入ってきて、今度はガチャコンと扉を閉める音がした。

もうこの時点で、浴室の窓の隙間(10センチくらい)から網戸越しに裸の姉の立ち姿が一瞬だけ見えた。
窓ガラス越しに見えるシルエットも肌色で、それが全裸の人間であることは明白だった。

俺はこのとき、コレ近所から見られてないのかなって、本当に心配になった。
通りに面していれば、これほど無用心ではないのかもしれないけど、そのあまりの無防備さに驚きを隠せなかった。


216 :軍曹 2013/03/08(金) 00:04:33.40 ID:SBVNnD120
すぐに姉の姿は見えなくなる。
おそらくしゃがんだか、椅子に腰掛けたと思われる。
立ち上がっていればこそ全裸のシルエットは丸見えだけど、座ってしまえば誰かが入浴してるな程度にしか分からない。
俺はそのことに妙な安心感を覚えた。
俺は姉の全裸を見たいけど、他の誰にでも見えるような環境は許せなかった。
そんな理不尽な自分にも怒りを覚えるのは、今思い出しながら書いているからこその付け足しの感情かもしれないな。

そしてシャワーの音が聞こえ始める。
俺の心臓の鼓動もマックスになり、極限まで集中力が高まるのを感じた。


220 :軍曹 2013/03/08(金) 00:28:39.10 ID:fSHerrQj0
もう一度姉の入浴姿を覗いてやろうと決心してから、この日まで何度もイメトレを繰り返し準備してきた。
覗くなら、シャワーの音が聞こえている最中、タイミングはシャンプーを洗い流しているとき。

自分がシャワーを浴びている時も、覗かれる立場になって考えたんだ。
シャワーは、視界も奪うし、周囲の雑音も掻き消す。
俺の足音、気配、もしかしたら俺の存在自体をも消してくれるかもしれない頼れる存在。
すぐ聞こえるシャワーの音はダメだ、おそらく体を流す程度。
このあと訪れる、2回目、3回目あたりのシャワーの音が聞こえた時に一気に距離を詰める、そう決心した。

案の定、姉はそれからしばらく湯船にでも浸かっていたのだろうか、シャワーを使う様子がない。
このときのじっと待っている時間の長さったらひどかった。
蚊はとんでくるし、顔に蜘蛛の巣っぽいのがまとわりついてくるし。
でも身動き一つせずに、そのときをひたすら待ち、我慢し続けた。


221 :軍曹 2013/03/08(金) 00:37:45.66 ID:fSHerrQj0
「ザバァー」みたいな音が聞こえ、一瞬だけ姉の頭部が見えた。
これは間違いなく湯船から立ち上がったと察知、シャワー使えぇええええ!と念じるのと同時に、
シャワーのスイッチオン。
水音が俺の心に響き渡る、そして今までと明らかに違うただならぬ緊張感が漂い始めた。

でも、不思議と余計なことを考えるより先に、一歩足を踏み出していた。
もう覗きたくて覗きたくてタイミングもクソもなかった。
訓練では必ず「ほふく前進」で近づいていった俺が、颯爽とスマートに浴室まで近づいて、
「あらよっと」ぐらいの気持ちで覗き込んだ。
覗かれる立場でのイメトレを繰り返したことで、覗いてもバレっこないって確信してた。


223 :軍曹 2013/03/08(金) 00:45:25.04 ID:fSHerrQj0
まず目に入ったのは姉の後頭部。
椅子に腰掛ける姿を、斜め後ろから少し見下ろすような角度で覗けることは計算してた。

続いて姉の背中…、いや横乳に目が釘付けになった。
ちょうどそのとき姉は片手にシャワーを持ち、もう一方の手で髪をかきあげるようにして、
頭上からシャワーを浴び始めたところ。
一瞬だけ姉の様子を伺ったらその場にしゃがんで、覗き見るタイミングを調整するつもり
でいたのに、俺はいきなりガン見しても大丈夫なタイミングで来たっぽい。
当時の俺の頭はもうパニック。うわ、これ見放題。やった。やった。うほ。なにこれ簡単www

そして嬉しい誤算があった。
横乳にばかり注目してたら、姉の正面にある鏡にモロにおっぱい映りこんで丸見えだった…。


224 :軍曹 2013/03/08(金) 01:03:57.26 ID:fSHerrQj0
俺はその場で踊りだしたくなるような歓喜に包まれた。
初めてチラッと覗き見た姉のおっぱいは、どんなタイミングが重なったのか、
真正面からのおっぱいで、俺の記憶の中にも両の乳房と乳首がバッチリ記憶されてた。

でも、イメトレを重ねるにつれて、覗くことが可能なのは「斜め後ろからの姿」って思い込んでたんだ。
真正面からのおっぱいを目に焼けつけようとすれば当然見つかる可能性も高まるし、現実的には無理かなって。

それがいきなりこの展開。
その瞬間、俺の記憶に残っていた「単なるオッパイ」が「姉のおっぱい」として再構築。
しかも今度は静止画じゃない。完全なる動画として。ムーヴィーだぜ。

頭の中、ガキだから、鼻血出そうwとか本当に考えてた。
当時の俺の興奮を表す符号=鼻血しかなかったからなぁ。


226 :軍曹 2013/03/08(金) 01:09:23.28 ID:fSHerrQj0
そして姉はシャンプー手にとって頭ゴシゴシし始める。
この頃から湯気が立ち込めて、鏡も曇りだし、ちょっと見辛くなるものの、
そのたびに姉がシャワーで鏡の曇を流しとり、またおっぱい丸見えになるという笑いの止まらない展開。
しかも頭が泡だらけになるのと同時に姉は目を閉じるという、理想的な流れ。

姉がゴシゴシするタイミングで、小刻みにおっぱいも揺れるているということに
気付いたときには、俺は本当に夢かと思った。
揺れるおっぱいは、鏡に映ってるおっぱいよりも、横乳のほうがプルプルしてて、
なんか可愛いなっていうのが中学生だった俺の率直な感想。
エロ本で目にしてきた裸の女たちと違って、姉の乳首はすげー上向きでトンガってるなみたいにも思った。

ここで俺は何を思ったか、急に耐えられなくなって、自分の部屋へと退散する。


228 :軍曹 2013/03/08(金) 01:21:25.75 ID:fSHerrQj0
オナニーしたい衝動を我慢できなくなったわけじゃなかった。
部屋に戻ってとにかく悶えて、部屋中をゴロゴロ転げ回った。
俺は何かをやり遂げた充実感でいっぱいだった。
何をやり遂げたのかといえば、思い当たるのは、やっぱ裸で動いてる姉をこの目で見れたこと。
しかも想像していたよりも、ずっと長時間見ていたような気もする。

でも、じゃそれですぐオナニーしたかというとしなかった。
なんか変にもったいぶってしまい、もうちょっと我慢してみようって思い始めた。
それは同時に、俺がまた姉の入浴を覗くということを意味していたが、もう罪悪感の欠片もなかった。
ハッキリ言って満足感の方が先にあって、俺は変態でもいいし、誰にもバレなきゃいいじゃんって考え始めてた。
誰かに見つかった時点で、変態である俺はそこで初めて変態となる、そう思い込んだ。
だから絶対に見つからないように、完全犯罪でなくちゃならない、と中学生と思った。

「完全犯罪」という言葉がすごくお気に入りだった。


231 :軍曹 2013/03/08(金) 01:34:39.77 ID:fSHerrQj0
完全犯罪を目指す中学生は、この時既に犯行現場に証拠品である灯油タンクを忘れてきていた。
すぐに気付いたから良かったものの、コレじゃまずいと浮かれポンチな自分を律した。
その反省をもとにますます用意周到に準備をし、計画を実行していくことになる。

つい先日までは、軍隊ごっこ。
覗くことを作戦と想定し、それが、自分が変態じゃないことを証明する聖戦であるとまで妄想してた。
根底にあるのは歪んだ正義でした。

でも、揺れるおっぱい見てしまったら、今度は完全犯罪を目指す天才犯罪者として目覚めた。
根底にあるのは間違いなく悪(エロ)でした。


233 :軍曹 2013/03/08(金) 01:49:53.89 ID:fSHerrQj0
ちなみに、犯人は犯行現場に舞い戻るというのは、本当でして。
当然ながら、すぐさま、灯油タンクを取りに行ったわけです。
別に、明日取りに行っても良かったわけだけど、ざっと計算して俺が犯行現場に居たのは15分。
姉はこれから最低30分は入浴してるだろうと思い始めたら、またあの場所に戻りたくなってしまった。

さっきまではほふく前進とか考えてた俺なのに、二度目はコソコソ歩きでその姿は完全に泥棒だったと思う。

忘れてきた灯油タンクを確保する前に、当然のように浴室を覗く。
結局のとこ、灯油タンクを取りに戻るというのは自分に対する言い訳で、
また姉の裸が見たいだけってことには気付いていた。
それに、裸の姉の全体像を把握する、ってよりは、またしてもおっぱいばかりが印象に残ってて、
それがなんだか不満にも思えた。


234 :軍曹 2013/03/08(金) 02:04:30.37 ID:fSHerrQj0
サッと覗いて、サッとしゃがむ。
姉がこっちを向いているとか、そういう危険な状態ではないことを確認。
立ち込める湯気も味方していたし、なによりも自分がシャワーを浴びる時に
何度も窓の位置を確認してたのが、俺に絶対の自信を与えていた。
暗い側であるコチラからは向こうの明るい側は丸見えだけど、向こう側からコチラ側は案外と見えないものなのだ。
つまり俺には姉が見えても、姉から俺は非常に見えにくいのである。
そういう条件も加味して、俺の行動は大胆さを増していく。

その日2度目に覗いた姉の姿は、今度は体をゴシゴシしている真っ最中。
おっぱいってあんな風に洗うのかーとかマジマジ見ることができた。


235 :軍曹 2013/03/08(金) 02:14:18.27 ID:fSHerrQj0
泡に包まれた姉の姿は、まるでエロ本とかに載っているような、
乳首やその他大事な部分だけを泡で隠したグラビアを俺に連想させた。
でも、これは今、俺の目の前で起こっている現実であり、俺にはそのグラビアではなく動く女の姿を
見る権利があったし、おっぱいを包む泡のその行方を最後まで見届けることさえできた。

姉が体をシャワーで流し始め、再び俺の目の前に全裸の姉が現れる。
包み隠されていたその胸の先端部分も露わになり、俺は更に目をひん剥いてガン見。
やっぱ乳首ってなんだか特別です。
また横乳と鏡に映り込む2つの乳房を交互に眺めながらハフゥ…とか吐息を漏らす俺。

そして座っていた姉が立ち上がりコチラを振りむ… いた…瞬間俺は身を翻して、その場を離れた。

灯油タンクを抱えて逃げるようにその場を去った。


237 :軍曹 2013/03/08(金) 02:22:02.42 ID:fSHerrQj0
結局その夜は、裸の姉の全体像を把握することができなかった。
ということにした。

また姉の入浴を覗く理由が欲しかったし、それと同時に覗きをやめる理由が欲しかったのだと思う。
目的を果たしたら、覗きを自然にやめられるのではないかと、自分に期待してた。

目的は裸の姉の全体像を把握する、であったが、より具体的になってた。
最後に見たシーン。
立ち上がる姉、振り向こうとする姉。
ケツと陰毛をもうちょっとしっかり見たかった… _| ̄|○

それさえ目に焼き付けてたら、俺はこの夜思いっきりオナニーしていたんだと思う。
でも、しなかった。
オナニーしないことで、ハングリー精神を養うという馬鹿げた課題が設けられた。


238 :軍曹 2013/03/08(金) 02:39:14.33 ID:fSHerrQj0
覗きのチャンスを一度モノにすると、嘘みたいに次から次へとチャンスが訪れた。
それからの1週間で、2度3度と俺は覗きに成功した。
秋晴れが続く毎日の中で、減ってもいない灯油タンクを片手に毎晩裏口を出る俺の姿は
とても怪しかったはずだけど、誰にも咎められることはなかった。
もっとも、うちの両親は自営業を営んでおり、夜寝るのが早かったので、見られてすらいなかったと思うけど。

晴れの日が続いたことで、俺の懸念材料の一つである「浴室の窓を閉じられる」
という問題も見事にクリア。
姉がゴキゲンな日は浴室の外まで鼻歌交じりのフフーンなんてハミングも聞こえてきた。
そんな時の姉の裸は、よりいっそう弾力に満ちていてプルンプルンしているように見えた。



【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その1)
【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その2)
【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その3)
【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その4)
【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その5)
【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その6)
【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その7)
関連記事
クリックお願いします!→
前の記事
【姉と弟】軍曹と姉の大冒険(その2)
【母と息子】対面座位素股→セックス
次の記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム
 管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
人気の記事
ブログパーツ
オススメ!
DMM.co.jp
アクセスランキング
メールフォーム
相互リンク&相互RSS募集しております。お気軽にご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

↑↑↑応援お願いします!↑↑↑

[ジャンルランキング]
アダルト
16340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
418位
アクセスランキングを見る>>
おすすめ動画
おすすめ動画
SWITCH
本日の人気作品TOP10
「近親相姦」おすすめ動画
「姉弟」最新動画
「兄妹」最新動画
「母子」最新動画
「父娘」最新動画
「義理」最新動画
アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。